So-net無料ブログ作成

とある日の父

buroguP8157059.jpg


とある日、実家の前の空き地にぽつんと立っている父を見つけた。

何をしているのかなと、遠くから様子を見ていたのだけれど、

どうやら、ぼんやり空を眺めているだけのようだった。




ぼくは、ふと父が何を考えているのか知りたいと思い、そっと心の中に入り一緒に空を眺めてみた。

すると・・・・・・・・青い空に白い雲が、おもむくままにゆっくりと流れていた。

ただただ、現れては消えてゆくだけ。


buroguP8157149-1.jpg



そして、一つわかった。

「そっか、あの雲はオレの中を通り抜けていく様々な想いなんだね」

「そうだ、そして空はお前だ」


buroguP8157037-1.jpg

美ヶ原高原にて



青い空に白い雲・・・。これは、ぼくの原風景でもある。

小学生の頃、父に連れられ眺めた風景。

青い空に白い雲。草原の山々を、風にまかせて流れ行く景色。


「そうか、オレは昔からオヤジにこのことを教わっていたんだね」


きっと、父はそんなこと思っていないだろうけれど。

たぶん、そんな気がするのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます